「過激な風俗へ中学生の時に行った話」から三ヶ月経った時の話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AD
DMM いちご
アイドル系動画配信サイト「いちごだいふく」

1: 名無しさん@おーぷん 2016/08/08(月)22:08:11 ID:8o1

前回からかれこれ三ヶ月以上経ってしまった・・・

3: 名無しさん@おーぷん 2016/08/08(月)22:08:57 ID:8o1

とりあえず書いてく。書き溜めしてるから、結構速いペースで行きます
事実か創作かは自分で判断してくれ

6: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:09:30 ID:8o1

ちなみに俺のスペックとか前回書いた話とかは前スレで見てくれれば結構なので割愛。

関連記事
過激な風俗へ中学生の時に行った話

8: 名無しさん@おーぷん 2016/08/08(月)22:09:53 ID:WvD

ちんちんの皮が根元まで剥けた話な
期待

10: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:10:27 ID:8o1

>>8
何の話だよw

11: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:10:54 ID:8o1

前回は「そして、そのまま家に帰って終了、のはずだった。」とか思わせぶりなことを言って終わってしまったので、その続き
俺はその風俗店と二度と関わりを持つことはないだろうと

12: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:11:02 ID:8o1

思っていたけど、もう一度関わりを持つことになってしまったんだ。
なんでも、中学生が来店ということ自体が珍しいらしくて(当然)、俺を担当した女の子たちが俺をちょっとした練習台に使いたいというメールが来ていた。
こういうことは法律的にもアウトなんだろうけど、当時の俺にそんな冷静な判断力はなく、ホイホイ釣られちまった。

13: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:11:11 ID:8o1

その後日時とかどこでどうするとかいう打ち合わせを3日ぐらいかけてメールでした。
この辺のやり取りは書くの面倒くさいし思い出せないので省く。

14: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:11:23 ID:8o1

打ち合わせの結果、店の女の子の自宅で色々やりましょうってことになった。
「もしかしたら日をまたぐかもしれないけど大丈夫ですか?」ってメールも来たが、俺の親は基本放任主義で春休みだったということもあり、「友達の家に泊まってくる」って言ったら快諾して送り出してくれた。

16: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:11:33 ID:8o1

結構詳細省いてるから気になることあったら何でも答えます

18: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:15:04 ID:8o1

俺は指定された待ち合わせ場所に行った。朝の八時ごろに集合だあったので春休みにしては早起きしたのを覚えてる。
そして、そこには前回お世話になった女のうち長髪の子とツインテールの子がいた。
どうやら、今からおじゃまするのはショートカットの子の家らしい。
一度会ってるので、結構親しくなってた。その子の家まで歩いて十分程度だったので、世間話をしながら家に向かった。

19: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:15:22 ID:8o1

到着した家は、八階建てぐらいのマンションだった。結構普通のところに住んでんだなーとか思いながら、その子の部屋がある階に向かった。たしか五階だった気がする。
長髪の子がインターホンを鳴らすと。すぐにドアが空いた。中からはほんのりいいにおいがして、よく考えると女性の部屋に入るの初めてだなと思いつつ中に入った。

20: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:15:39 ID:8o1

俺が入った途端に勢い良く玄関のドアを閉められ、鍵をかけた。
そして長髪の子に腕を軽く押さえられた。ツインテールの子はちょっと離れたところから微笑んでた。
すると、ショートカットの子が「久し振りだね」といったあと、「早速行くよ?」って言いながら俺の股間をズボン越しに触り始めた。

21: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:16:03 ID:8o1

なんかワードからそのまま貼り付けると横長になってしまう
すまんな

22: 名無しさん@おーぷん 2016/08/08(月)22:16:43 ID:ufM

ツェッペリン

24: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:17:02 ID:8o1

>>22

23: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:16:51 ID:8o1

この日に備えてオナ禁していた俺は、すぐに勃ってしまった。女の子も手馴れているようで、
股間をズボン越しにする速さをどんどん速めていった。徐々に俺がビクつき始めると、
「感じてるんだ、かわいい~」と言いながら触るのをやめた。「楽しみは後にとっとかいないとね」と言って、俺をリビングに通した。
リビングに通された俺は、しばらく部屋を見渡した。
女の子らしい部屋だなーとのんけに眺めてると、女の子たちが着替えて入ってきた。
着替えたといっても、部屋着になったみたいな感じだったが。

25: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:17:20 ID:8o1

そのあと、その日にやる予定のこととかを大まかに話された。俺はMだったがあんまり痛いのとか汚いのは苦手だったのでそこらへんは遠慮しておいた。
「とりあえずご飯食べる?」と言われた朝早かった(春休みの俺にしては)こともあり、
朝飯を抜いてきて腹が減っていたので、「いいんですか?」と言って、ご馳走してもらうことになった。

26: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:17:35 ID:8o1

女の子の手料理を食べるのは初めてだなー(もちろん家族は除く)と思いながら待っていると、オーソドックスな洋風の朝飯が出来上がっていた。
ちなみにその間は残った二人の子と世間話をしていた。
「できたよー」という声につられ、そのままありつこうとした。

28: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:29:02 ID:8o1

すると「あれ?勝手に食べちゃダメ」と言われた。思わず「は?」という言葉が口に出た。
「私の手料理食べられるんだから、ちょっとは私にもいいことしようよ」と言って、
俺の股間をほかの二人とともにさすり始めた。風俗嬢だけあってAVみたいなもっていき方だなと思った。

29: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:29:14 ID:8o1

ツインテールの子が「じゃあ、一分我慢できたごとに一口食べていいよ」といった。
玄関先ですでにフル勃起状態だった俺は、一分持つかすら怪しかった。
間髪入れずに三人が結構なスピードで股間をさする。
この時点で「うう・・・」なんて声を出してしまっていた。
「いっちゃうのー?」「今いったらご飯なしだよーw」なんて言われながら、耐え続けた。

30: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:29:35 ID:8o1

「じゃあそろそろ苦しいだろうし、おちんちん出してあげる」と言って、
ズボンを脱がせ、パンツも脱がされた。俺の物は反り返って、仮性だった先っちょには我慢汁があふれていた。
「すごーい、こんなに出てる」なんて囁きながら、長髪の子が俺とキス、ショートの子が乳首いじり、
ツインテールの子が俺の物をこき始めた。

31: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:29:51 ID:8o1

そして、ショートの子がカウントを始めた。が、「いーーーーーーち」ぐらいのペースで数えだして、
俺が「ちょっと!」って言おうとしたら、長髪の子が舌を押し込んできた。
見事にしゃべれなくなった。そして、そのカウントで十秒経ったぐらいで、出そうになってきた。

32: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:30:09 ID:8o1

俺が体をびくつかせると、ツインテールの子が察したみたいで、「出しちゃうの?我慢してよー」と言いながら、
手を上下するスピードを速めた。
そんなのに耐えきれるはずもなく、あっけなくいった。オナ禁していたこともあり、相当飛んだ。

33: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:30:17 ID:8o1

ショートの子が「あーあ、朝ご飯は抜きだね」と言った。「勝手にいった罰ね」と言って、
俺の精子でびちょぬれの物をほっぽいて、三人で食事を始めた。
俺もかなり腹が減っていたので、三人の隙を見計らって一口だけでも何かを食べようと思った。

34: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:30:37 ID:8o1

三人が一瞬皿から目を離したので、俺ができるだけ音をたてないように口に詰め込んだ。
だが、もちろん見られていた。そして、ツインテールの子が「誰が食べていいって言った?」と言って、
俺の物をまた触りだした。そのまま壁に追い込まれて、「お仕置きしなきゃね?」と言って、手で扱き出した。

35: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:30:47 ID:8o1

風呂はいるからペース上げる

36: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:31:09 ID:8o1

十分ほど前にいったばかりだった俺の物は、割とすぐに反応しだした。
そして、またいきそうな感覚に襲われた。「でっ・・・出る・・・」と言うと、「あーだめ、絶対ダメ!」と言って、俺の物から手を放した。
「これから何発いかなきゃいけないと思ってるの?」と言った。ここで、終わりなくいかされるんだろうなあと感じた。

37: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:31:28 ID:8o1

「お仕置きはまだ終わってないよ?」と言って、俺を横にさせた。そして、ツインテールの子が顔騎を始めた。
顔騎は重いわ息しにくいわであんまりいいとは思わなかった。
しばらく顔騎を続けると、「立って」と言われ、ようやく顔騎が終了。
ようやく解放されたと思ったら、ショートカットの子が「俺くんは痛いのとか汚いのはダメなんだよね?」と聞いてきた。
俺は勿論頷いた。

38: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:31:49 ID:8o1

「じゃあ、苦しいのは良いよね?w」と言われ
、俺が何かを言おうとする前に、三人がかりで風呂場に連れて行かれた。
浴槽には水が目一杯はられてあった。そして、頭を持たれて「お仕置きの続きね」と言われそのまま顔を浴槽の中に押しこまされた。
無論息できなくて必死に抵抗したが、相手は三人がかりで押さえつけ、俺は窒息寸前になった。

39: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:32:02 ID:8o1

気を失いかけたところでやっと頭を引き上げられた。
しばらくは意識がもうろうとしてたが、数分もすれば意識は元に戻った。
すぐさま三人に文句を言おうとしたが、口にガムテがはられていることに気がついた。

40: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:32:16 ID:8o1

「まさか子供相手だから手を抜くと思ったー?w」「むしろ逆、若いからどんどんいやらしいことしてあげる」「ちょっとは苦しまないとねw」
と一方的に言われたが、俺は何も言うことができなかった。「じゃあ、二回目いこっか」とショートカットの子が言った。
必死に抵抗したが、あえなく押さえつけられ、浴槽の真上まで頭を持ってこられた。

41: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:32:40 ID:8o1

「10数える間我慢できたら引き揚げてあげる」「もし早く出てきちゃったらいくらでも続けるから」と無理強いをされ、
まあナントカ我慢できるだろうと思った。が、甘かった。

42: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:32:57 ID:8o1

水に入る前に息を大きく吸い込むことが不可能な状況で水中で十秒も我慢できるのかは
やってみないとわからないが、どうせ無理だろうとなっかば諦めていた。
そうこう考えているうちに、俺の頭は勢い良く水の中に入った。いや、入れられた。

43: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:33:16 ID:8o1

抵抗したとかで難癖つけられるのも嫌だったので、なるべく動かないようにした。なんとか呼吸を我慢しながら頭のなかで数を数えた。
「よし、十秒たった」と心のなかで確信したので、思い切って顔を上げてみた。「さーーーーん」とカウントされているところだった。

44: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:33:31 ID:8o1

「あーあ、早過ぎるよ」と言ってくる。そんなはずはない、たしかに十秒数えたつもりだったが、
多分この家にいる間はこの三人がいくらでも時間を変えられるということを悟った。
「はい三回目ね。頑張って。と言って、また始まった。
もう諦めかけていた俺は、適当な時間に顔を上げて、そのまま強引に風呂場から逃げ出そうと画策した。

45: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:33:48 ID:8o1

まあ例のごとく顔を上げてみると、「よーーーん」とカウント中。
間をおかずに、俺は三人の間をすり抜けて風呂場から出た。まあすぐ捕まるんだけどな。
「なに逃げ出してんの?」「お仕置きはまだ終わってないんだけど」とAVでありがちなセリフを並べた。
俺はまた風呂場に連れ戻されるんだろうなと思ってたが、三人も飽きたらしく、「じゃあ、別のやり方でお仕置きするね」と言った。

46: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:33:58 ID:8o1

「今からエッチなことするけど、もしも射精したらおちんちんほんとに壊しちゃうよw」
と脅迫まがいのことを言われ、攻められ始めた。
ツインテールの子が、どこかからオナホを持ってきた。そして、俺の物にローションを塗りたくりだした。結構冷たくて気持ちよかった。
そのままオナホをはめ込み、結構な速さで上下し始めた。

47: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:34:14 ID:8o1

その時がオナホ初体験だったが、正直、手でしてもらうより全然気持ちいい。
徐々に呼吸が荒くなてきた。俺が苦しそうにしていると、ようやく口のガムテープを外してもらえた。
間髪入れずに、ロングの子の舌が口の中に流れ込んできた。

48: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:34:24 ID:8o1

ディープキスの状態になって、またも呼吸しにくくなった。しかも射精しそうにもなったので、体をくねらせながら必死に我慢した。
「イきたいの?射精したらどうなるかわかってる?」といって、しごくのをやめない。
逆に考えて、ここでしごくのをやめる女なんているのだろうか。
そんな哲学的なことを考えていると、徐々に気持ちよくなって、頭のネジがふっとんだ。
本当に、理性がプチッと切れた感覚だった。

49: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:34:37 ID:8o1

俺は周りを取り囲んでた三人を押しのけて、無我夢中で玄関まで走った。裸だったが、外に出ればどうにかなるだろうと思った。
三人とも動揺してるのか、なかなかこっちに来なかったので、玄関の鍵に手をかけ、家を出ようとした。そのとき

50: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:34:52 ID:8o1

「もしもし、○○中学校ですかー?」
と、わざとらしく大きな声でショートカットの子が言った。口元には携帯電話。
俺が通っていた中学校の名前を出してきた。そして、
「○○君(俺の名前)といろいろトラブルになってて~」(たしかこんな感じのことを言ってた)
とわざとらしく言う。冷静なら、当然ハッタリだと気づけたんだろうけど、俺にそんな判断力はなく、
結局「やめてください!!!」と叫びながら彼女らの元へ戻っていった。

51: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:35:08 ID:8o1

「ちゃんと戻ってくるなんて、いい子~w」とツインテールの子が言う。
ケラケラ笑いながら。「でも、逃げちゃダメでしょ?」と結構きつい声で言って、
三人がかりで俺を仰向けの状態にして床に押し付けた、。

52: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:35:26 ID:8o1

次の瞬間、ツインテールの子が俺の首を両手で絞める。後の二人は俺が抵抗しないように
紐?か何かで手足を縛って、二人でチンコをしごき始めた。
「苦しい?気持ちいい?どっち?」とツインテールの子が言う。
断然苦しい、窒息しそう、だが頭に酸素が回らなくて、考えることもままならない。
「ちゃんと答えてくれない?」と、首を絞める力を強くする。

53: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:35:37 ID:8o1

次の瞬間、全身の力が抜けた。それ以降の記憶はしばらくない。

54: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:35:50 ID:8o1

気づくと夜の十二時すぎだ。どうやら気絶して、しばらく眠っていたようだ。
死ななくてよかったと考えてた。ただ、起きた場所に見覚えがない。
キョロキョロしていると、三人が俺がいた部屋?(それなりに広かった)に入ってきた。

55: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:36:02 ID:8o1

「あ、やっと起きたの?」「使えなくなるかと思って心配したじゃん」「つぎ抵抗したら、本当に死ぬよ?」と囁かれた。
その後話を聞く限り、俺は彼女らが務める風俗店のある部屋に連れ込まれたらしい。
そして、精力のある中学生に色々試したいという。
俺に拒否権はなかったので、素直に従った。

56: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:36:20 ID:8o1

流石に服は着せられていたので、まずは脱がされた。パンツだけを残して。
「パンツの上からこするのって、気持ちいいんでしょ?」といって、十分ぐらいスリスリされた。
ここが絶妙で、イきそうになって力を込めると、ふにゃふにゃに萎えるまで時間を置いた。
そしてまたこする、を繰り返した。

57: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:36:39 ID:8o1

しばらくして、ようやくパンツも脱がされた。そして、「潮吹き、しよっか?」と言われた。
俺の返事を待たずに、早速ハイペースな手コキと乳首責めが始まる。
もっとも、俺は乳首に関しては殆ど感じないから、なんとも思わなかった。

58: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:36:53 ID:8o1

そして呆気無く射精。だがここからが地獄。
俺の亀頭をさっきの倍近いスピードでしごいていく。
全身がむず痒い、股間のあたりが気持ち悪い。そのまま我慢できなくなって、潮を吹いた。

59: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:37:03 ID:8o1

「ほんとに出るんだーw」「結構透明だね」なんて騒ぎながら、俺は放心状態。
すると、「そういえば、勝手に射精したよね?」と今更言われる。
「いいよ」も「だめだよ」も一言も言わなかったくせに、時間差でこんなことを言い出す。
「今からゴムをつけるから、ゴム全体が真っ白になるまで射精してもらうよ?」といって、
様々な手コキを試しだした。

60: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:37:25 ID:8o1

個人的には裏筋を責める手コキ、あと授乳手コキが好きだった。
恐らく二回は射精したが、それでもまだまだ足りない。パイズリしたり、
素股したり、足コキ、ももコキなどさまざまやられたが、精子の色が薄まり、ゴムが真っ白なんて夢のまた夢。
徐々に、射精自体が苦しくなってきた。

61: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:37:37 ID:8o1

「これ以上出したら、やばいです・・・」というと、あっさり「そろそろ帰る?」と提案してきた。時間を見てみると、とっくに朝の七時。
「じゃあ、そろそろ・・・」といって、逃げるように家に帰った。
恐ろしいほどすんなり返されたので、逆に何かあるんじゃないかと疑った。
帰り際に「本当に帰っていいんですか?」と聞くと、「飽きた」と言われた。
俺は所詮使い捨てだったのかもしれない。

62: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:37:49 ID:8o1

ちなみにその日から数日、トイレ(小)をするたびにチンコが痛んだ。
勿論誰にも相談できなかったが。
このことは、今の今まで誰にも話していない。どれだけ仲が良かった友達にも、親にも。
この前久々に実家に戻った時にその店があった場所へ行くと、なんとまだ営業していた。
流石にあの三人はもうやめたみたいだが。

63: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:38:01 ID:8o1

ここまで話してきたが、創作と疑う輩が出る、いや、出ても仕方ないだろう。
でも、これは本当に俺が経験したことだ。
(途中のセリフは俺の脳内補正入りまくりだが・・・)
俺と同じような体験をしたければ、その店を探してみるのもいいかもしれない。
HPも現存してたし。
ここまで長くなったけど、これで終わり。質問あれば眠くなるまで返す。

64: ◆U/MbR1eZ32 2016/08/08(月)22:38:31 ID:8o1

とりあえずコピペは終わりw
風呂あがりにまた来る、質問ないなら適当に落としといてくれ

65: 名無しさん@おーぷん 2016/08/08(月)22:53:49 ID:My0
これは怖い話やな
Mじゃないから恐怖しかないわ

引用元: 「中学生の頃にだいぶ過激な風俗に行った話」の続き

無修正動画配信 ZIPANG-ジパング
スポンサーリンク
DMM
DMM

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
DMM